この言葉が、最後の言葉だったとしたら?






いつもありがとうございます。

本物の美と健康をお伝えする、恵比寿 美容矯正(骨盤・小顔矯正)サロン「C'est joli(セジュリ)」今藤朱里です。


2021年1月に福岡に帰省した時の話です。



福岡に帰省した時に、姪っ子ちゃんの口癖が

「お母さん、大嫌い」


になっていました。



小学校高学年にもなってきたら、自分の思いどおりにならないことがると、そうやって言ってしまう気持ちもわかるけれど、、

気になった私は、姪っ子ちゃんと一緒に寝る時にお話タイム



「じゅっちゃんね、こりん(姪っ子ちゃん)とビデオ電話する時も、東京に帰る時も、いつもコリン大好きよ。愛しとうよ。」


って伝えるやろう?なんでかわかる?


コリン(姪っ子ちゃん)

『・・・』


「じゅっちゃんね、小さい時から身近な人が急に亡くなっとうっちゃんね。みんな急に亡くなったけんお別れの挨拶もできんかったっちゃん。やけんね、じゅっちゃんもいつ亡くなるか分からんなって思うっちゃん。やけんね、どんな人とでも、例えね、嘘をつかれたり嫌な思いをした人にでも、最後の言葉はね、嫌な言葉ではなく感謝の気持ちを伝えたいし、好きな人たちには、好きだよって気持ちを伝えるようにしとうっちゃん。」


「だってね、・・


続きはこちらよりご覧いただけます✨

https://juriimafuji.com/20211122/


閲覧数:0回0件のコメント