発する言葉が、未来を作る









いつもありがとうございます。

本物の美と健康をお伝えする、恵比寿 美容矯正(骨盤・小顔矯正)サロン「C'est joli(セジュリ)」今藤朱里です。


あなたの口癖は何ですか?


普段、どのような言葉を発しているか、自分で気づいていますか?


私が昔から、意図的に使わないようにしている3大ワードがあります。


「疲れた」


「難しい」


「大変」


この3つです。


”自分自身に対すること”には、使わないようにしています。


何を思い、どんな言葉を発し、どんな行動をするかで未来って変わります!


もっと言うと、出来事に対しての意味付けをネガティブワードではなく、プラス受信した言葉を普段からしっかり気をつけて使っていれば、その発した言葉通りの、自分の望む未来になるのです。



目の前の苦しく感じるような出来事が起こった時に「なんで私にばかりこんな大変なことが起こるの・・」と捉えていたら、未来に同じように「私にばかりこんな大変なこと」がまた起こるんです。


目の前の苦しく感じるような出来事にも「ありがたい」と捉えることができれば、未来に「ありがたい」出来事が起こります。そして自分の望む未来にどんどん近づいていくんですね。


これを聞いて、「いやいや、そんなことはない。自分の望む未来になんてならない。」って思った方は、自分の望む未来にならないって「自分で」思っているから、やっぱり望む未来が叶えられないんですよね。


これを聞いて、「そっか、なんだそんな簡単なことで望む通りの未来になるの?だったらやってみよう!」って素直に思って行動できる人だけが、自分の望む未来をどんどん叶えていくんですね。


だから、「素直さ」ってやっぱり大事だなって実感します!!


素直に勝る才能はなし


ですね。




ただ、このネガティブ3大ワード、実は多くの方が・・本当に多くの方が・・口癖のように言っています。



「でも、それって難しいよね」


「でも、それって大変ですよね」


「あー、今日も疲れた」



この言葉が、無限の可能性にSTOPをかけているんです。せっかく持っている無限の可能性を引き出せない理由なんです。


もっと言うと、周りの人の無限の可能性にも蓋をしているのです。


もし私が自分自身に対してこの言葉を使うことがあれば、それは、本当に、私の中で限界点を超えたときだと思ってください(笑)


じゃぁ、どんな言葉を使えばいいのか?


結局、出来事は一つ・捉え方は無数なのです。


目の前に「大変」だと思うような出来事が起こった時は、「大きく変わる時」なんです。


何が変わるのか?


続きはこちらよりご覧いただけます✨

https://juriimafuji.com/20211003/




閲覧数:1回0件のコメント